F1グッズショップ GRANDPRIX ブログ(F1グッズ・F1ミニカーのBLOG)

鈴鹿オールナイトテントショップでお馴染みのF1グッズショップグランプリのブログ。最新入荷情報やイベント出店情報・F1ニュースの速報やレース情報を発信中!

ジョーホンダ写真集 『レーシングピクトリアル』 VOL50 “Grand Prix 1975 PART-01″入荷致しました

○ジョーホンダ写真集 『レーシングピクトリアル』 VOL50 “Grand Prix 1975 PART-01″
税込¥3394

hiro50-h-1ss.jpg


■JOE HONDA Racing Pictorial Series by HIRO No.50 “Grand Prix 1975 PART-01″

グランプリ・シーンに特化した“Racing Pictorial Series by HIRO”の第50 弾は、
フェラーリが完全復活を遂げた1975 年にフォーカス。
名機312T を駆る若きニキ・ラウダが初の王座を獲得した記念すべきシーズンです。

フェラーリ312T やマクラーレンM23 等、トップチームの名機と名選手が覇を競った一方、
前年1974 年に引き続き、プライベーターや新興コンストラクターが多数エントリーしたシーズンは
玉石混淆の感が強く、
その点でグランプリの歴史上とてもユニークな年だったと言えるかも知れません。
コンストラクター数が多いので、1975 年もPART-01 とPART-02 に
分けての編集スタイルとなります。今回のPART-01 では
フェラーリ312T とラウダ/レガッツォーニ・コンビが巻頭を飾ります。
312T は既刊で特集しておりますので、比較的コンパクトにまとめてありますが、
改めて312T の特異なアピアランスとメカニズムのディテールをご確認頂ければ幸いです。

今号で特にご注目頂きたいのは、
ゴードン・マレーの出世作であるBT44B で一躍コンストラクターズ2 位に躍り出たブラバム
(ロイテマンとパーチェのコンビ)と、トム・プライスとジャン・ピエール・ジャリエという
速い若手を二人擁したUOP シャドウです。共に個性的なアピアランスは勿論、
模型づくりに役立つ貴重なディテール写真が充実しております。

また第一期のホンダGP 史が幕を閉じてから久しく、
日本から果敢な挑戦を展開した新興コンストラクター、マキの貴重な写真も収録致します。
1975 年グランプリのPART-01 を、是非ジョー・ホンダ渾身の写真でお楽しみください!

■収録予定 画像点数は…
カラー :約700 点

■収録予定チームは…
●1975 年
フェラーリ
ブラバム
シャドウ
マーチ
パーネリ
ペンスキー
BRM
マキ

■収録レースは…
●1975 年
スウェーデンGP
オランダGP
フランスGP
イギリスGP
アメリカGP

・版形:A4 変形版(天地297mm×左右232mm)
・頁数:全108 ページ(予定)
・言語:日本語/英語併記あり

いつもブログご覧頂きましてありがとうございます。
↓↓更新の励みになります、応援(クリック)いただけると幸いです
ブログランキング

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://f1shopgrandprix.blog98.fc2.com/tb.php/3165-41d338af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad