F1グッズショップ GRANDPRIX ブログ(F1グッズ・F1ミニカーのBLOG)

鈴鹿オールナイトテントショップでお馴染みのF1グッズショップグランプリのブログ。最新入荷情報やイベント出店情報・F1ニュースの速報やレース情報を発信中!

GP CAR STORY Vol.15 Benetton B190  特集:ベネトン B190 入荷致しました!

GP CAR STORY Vol.15 Benetton B190  特集:ベネトン B190
税込¥1080

20160313151422.jpg

B190はアレッサンドロ・ナニーニとネルソン・ピケのドライビングで
ベネトンチームをマクラーレン・フェラーリに続く、コンストラクター3位に押し上げました。

デザインはジョン・バーナード。
しかしフェラーリからの移籍が遅れ、ロリー・バーンにより進められていた設計を元に進められました。
その為、全体的な造形は変わらないものの前年迄ベネトンのアイコンであった
ペンシルノーズやモノウイング、ポンツーン上のインテークなどの特徴が減り、
保守的な造りの目立つマシンとなりました。

一方、エンジンはフォードワークス待遇HBでした。
コンパクトなV8レイアウトは、空力性能を際立たせ、最高出力では劣るV10/V12のマルチシリンダー勢をしばしば脅かします。
B190は登場直後から入賞を重ね、スペインGPでもナニーニが3位表彰台を獲得。
日本GPでは前年に続き…という時にナニーニを悲劇が襲います。
ヘリコプター事故、右腕を切断。幸い腕は繋がったもののF1ドライバーキャリアは絶たれました。

ベネトンはユーロブルンチーム解散により、シートを喪失したロベルト・モレノを招聘。
そして日本で“ベネトンランバダブラザース”は奇跡の1-2フィニッシュを果たします。

このマシンでピケは続くオーストラリアも連勝しますが、
チーム参戦以来の極彩色のカラーリングもB190迄となりました。
翌年キャメルカラーを纏うと、シーズン終盤にはミハエル・シューマッハが加入、
モレノを放出してしまいます。
翌年ピケも引退。B190の活躍を契機にベネトンは
「古き佳きグランプリボーイズ」から「勝てる集団」へと脱皮していきます。

いつもブログご覧頂きましてありがとうございます。
↓↓更新の励みになります、応援(クリック)いただけると幸いです
ブログランキング

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://f1shopgrandprix.blog98.fc2.com/tb.php/3156-36b3b03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad