F1グッズショップ GRANDPRIX ブログ(F1グッズ・F1ミニカーのBLOG)

鈴鹿オールナイトテントショップでお馴染みのF1グッズショップグランプリのブログ。最新入荷情報やイベント出店情報・F1ニュースの速報やレース情報を発信中!

ジョーホンダ写真集 『レーシングピクトリアル』 VOL.48 “Grand Prix 1972 PART-01″ 入荷致しました。

○ジョーホンダ写真集 『レーシングピクトリアル』
VOL.48 “Grand Prix 1972 PART-01″
税込¥3394

hiro48-h-1.jpg


■JOE HONDA Racing Pictorial Series by HIRO No.48 “Grand Prix 1972 PART-01″

グランプリ・シーンに特化した“Racing Pictorial Series by HIRO”の第48 弾は、
リント亡き後、若きエマーソン・フィッティパルディをエースに据えたチーム・ロータスが、
新体制2年目を迎えて漆黒に金のカラースキームに衣替えした1972 年にフォーカス。

前年不振に終わったエマーソンはこの年弱冠25 歳。若きエースはタイプ72 の改良型である“72D”を駆り、
史上最年少で見事にチャンピオンとなります。
この号は1972 年のパート1 とし、
ロータス、マクラーレン、サーティース、BRM、マトラ、テクノの各チームを収録致します。
チャンピオン・マシーンであるロータス72 に関しては、既刊で特集しておりますが、
極力未使用の写真を選びながら、シーズン全体が概ね俯瞰できるようダイジェスト的にまとめました。

他のチーム、マシーンに関する写真は、全て当シリーズ初出のものとなります。
コントラストが絶妙なモノクロ撮影によるディテール写真も多く、
マシーンの資料性の観点からは非常に充実した内容となる予定です。
特に資料の少ないマクラーレン、マトラ、テクノ等の写真は非常に貴重と思われます。

JPS 元年となった1972 年、当初その大胆なカラーリングを纏ったロータス72Dは
“走る棺桶”と揶揄されたとも伝えられていますが、不世出の才能に加えて強運に恵まれた
エマーソン・フィッティパルディのコンスタントな操縦により、
やがてはグランプリを象徴する漆黒の名機と賞賛されるに至ります。

1960 年代と訣別し、本当の意味での新時代が幕を開けた1972 年のグランプリ、
その生々しい息づかいを、ジョー・ホンダ渾身の写真でお楽しみください!

■収録予定 画像点数は…
カラー :約700 点

■収録レースは…
●1972 年
レース・オブ・チャンピオンズ
モナコGP
ベルギーGP
フランスGP
ドイツGP
オーストリアGP
カナダGP
アメリカGP

・版形:A4 変形版(天地297mm×左右232mm)
・頁数:全108 ページ(予定)
・言語:日本語/英語併記あり

いつもブログご覧頂きましてありがとうございます。
↓↓更新の励みになります、応援(クリック)いただけると幸いです
ブログランキング

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://f1shopgrandprix.blog98.fc2.com/tb.php/3106-f739941c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad